Komatsu Biennale 2019 
5th Miyamoto Saburo Award for Original Sketch
“Pioneering New Expressions”

第5回

宮本三郎記念
デッサン大賞展

-明日の表現を拓く-

応募期間:20194/1(月) ~ 6/28(金)午後4時 必着

大賞1点 副賞100万円 宮本三郎記念賞1点 副賞50万円 優秀賞2点 副賞30万円 佳作4点 副賞10万円 その他、企業協賛による特別賞を設ける場合があります。 ※入賞・入選あわせて約50点

趣旨

 一本の線から生まれたかたちには、それを描いた人の感性や心の動きが表れ、それぞれが独特な表現への可能性をひめています。デッサンの名手と呼ばれた宮本三郎は、「一枚の白紙と一本の木炭があれば、その精神が対象と一体となって、充分の活動を開始する。」と述べています。このデッサン大賞展は、線や様々な手法によって生み出される豊かな表現を求める場として生まれました。新しいデッサンの表現の地平をおし広げるための一本の線、また、新鮮な技法、未来を拓く独創的な表現を求めます。

新着情報一覧

2019.8.5
Komatsu Biennale 2019 第5回 宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」 審査結果!!  NEW
2019.6.30
親子でラクガキ1,000枚プロジェクト  
2019.6.29
たくさんのご応募ありがとうございました  
2019.6.27
申込受付まであと1日!  
2019.6.26
申込受付まであと2日!  
2019.6.25
申込受付まであと3日!  
2019.6.23
申込受付まで1週間を切りました!
2019.6.14
応募締切まで2週間となりました!
2019.4.30
印刷物等の訂正とお詫びについて
2019.4.1
本日より受付を開始します!
2019.3.27
申込み受付開始まであと数日!
2019.2.1
「第5回宮本三郎記念デッサン大賞展」開催決定!!

募集要項

 
【応募期間】
 
2019年4月1日(月)~ 6月28日(金)(午後4時必着)
【応募資格】
不問 (年齢・国籍・経歴を問いません)
 
         
【テーマ】
自由
具象、抽象の境界はありません。美術・文学・音楽・建築など、
すべての創造の源泉であり、表現の地平をおし広げるための一本の線から広がる作品を求めます。)
【作品規定】
3年以内に制作された自主作品であること。
他のコンクール・公募展で入賞、入選等していないこと。

審査員一覧

(五十音順)
審査員一覧をみる 

受賞作品

展覧会

 ≪小松展≫
会期:2019年 9月28日(土)~12月15日(日)
会場:小松市立宮本三郎美術館

≪東京巡回展≫
会期:2020年1月25日(土)~3月15日(日)〔予定〕
会場:世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13

お問い合わせ

 宮本三郎記念デッサン大賞展実行委員会事務局 
(小松市立宮本三郎美術館内)
〒923-0904 石川県小松市小馬出町5番地